着物買取査定館

振袖や浴衣など、着物を高額で買取してくれる業者は?口コミや評判などを基に作成した着物高価買取ランキングや、着物を高く売るコツなどを解説しています。

最高級紬・大島紬とは?

シックな風合いと繊細な絣模様が魅力。

大島紬は、結城紬と並ぶ最高級の紬と言われています。

奄美大島や鹿児島市を中心に生産されている伝統工芸品です。

元々は奄美大島で始まり、のちに鹿児島にも伝えられたことから、奄美大島のものを「本場奄美大島紬」、鹿児島県本土のものを「本場大島紬」と区別しています。

そんな大島紬の歴史と魅力をご紹介します。

大島紬の歴史

大島紬が最初に史実で確認されるのは約1300年前。

734年奈良東大寺の献物帳にある「褐色紬」という記述まで遡ります。

1720年(享保5年)には薩摩藩より『紬着用禁止令』が島民に出され、以降大島紬は献上品として生産されることとなります。

当時は無地や縞、格子などのシンプルな平織でしたが、1800年代に入ると絣柄が登場。

1870年代には大阪市場での取引が開始され、献上品だった大島紬が一般的に普及していきます。

その後、需要の拡大とともに技術も向上。より広く価値が認められ、1975(昭和50年)年に国の伝統工芸品として指定されました。

大島紬の特徴

深みのある美しい「泥染め」

大島紬の代表的な技法として挙げられるのが「泥染め」。

奄美特有の植物・車輪梅(テーチ木)と泥を使って染める技法で、鉄媒染とも呼ばれています。

この技法を使った大島は泥大島と呼ばれ、深みのある黒褐色が特徴です。

泥大島以外にも大島紬の種類としては、泥藍大島、藍大島、白大島などがあります。

緻密な絣柄

世界に類を見ない精巧な絣柄も、大島紬の特徴です。

1907年頃、奄美大島では『締機(しめばた)』と呼ばれる織り機を開発。

従来の手括りではなし得なかった緻密な柄を作り出すことが可能になりました。

そのような技術革新を経て、大島紬の絣柄は「世界で最も緻密な絣柄」とも言われ、今ではペルシャ絨毯、フランスのゴブラン織りと並んで世界三大織物の一つとされています。

大島紬の単位

大島紬の絣柄の繊細さを表す単位が「マルキ」。

経糸総数に占める絣糸の密度を表すもので、絣糸80本が1マルキとなります。

5マルキ、7マルキ、12マルキなどがあり、この絣糸が多いほど、柄が繊細になります。

大島紬の楽しみ方

大島紬の着心地

大島紬は、明治中期以前は真綿から紡いだ紬糸によって織られていましたが、大正時代からは生糸に。

そのため、通常の紬にはない美しい光沢感があります。

結城紬より薄手ではあるものの、丈夫で保温性は抜群。

また、シワになりにくく水にも強いため、大島紬の反物を雨ゴートに仕立てることも可能です。

ただし、その場合は必ず防水加工も施しておくようにしましょう。

合わせる帯

紬は普段着用の着物に分類されるため、基本的には名古屋帯や染めの袋帯などを合わせます。

よりカジュアルに着こなしたいのであれば、半幅帯でも良いでしょう。

一般的には金銀糸を使用した礼装用の帯は合わせませんが、奄美大島では成人式に礼装として着用することも。

シーンに合わせて上手に使い分けることが大切です。

洗い張りでより美しく

結城紬と同様、大島紬も定期的に洗い張りをすることで色ツヤが増し、より一層美しい着こなしが可能に。

天然染めならではのシックな風合いを楽しむことができます。

お手入れの方法

色落ちに注意

大島紬は天然染めのため、多少泥落ちします。

色移りなどには注意が必要です。また、仕立て前には必ず湯通しを行い、のりや泥汚れなどを落としておきましょう。

そうすることで、カビなどの防止に繋がります。

シミや汚れがついた場合は専門業者に

汚れがついた場合は、早めの対応が必要。特に、大島紬は酸に弱いため、果汁や酢がかかってしまうと黄ばみの原因に。

水で濡らしたタオルでふき取ったり、ぬるま湯などで洗ったりした後、専門業者に相談しましょう。

年に1回は必ず虫干しする

大島紬にとって湿気は大敵。

湿気はカビや黄変などの原因になるため、着用後は必ず陰干しをしましょう。

暫く着用しない場合も、年に1度は必ず虫干しを行うことが大切です。

公開日: