着物買取査定館

振袖や浴衣など、着物を高額で買取してくれる業者は?口コミや評判などを基に作成した着物高価買取ランキングや、着物を高く売るコツなどを解説しています。

着物の証紙、証明書について

着物,証紙
着物を買取依頼する場合、証紙の有無は買取価格に大きく影響すると、よく見かけます。
実際に証紙をお持ちであれば、査定の際に一緒に提出するのが良いです。

証紙とは??

では、まず証紙とは何かについてご説明します。
証紙は生地の織り元や織物工業組合等が発行している紙で、要は品質証明書、登録商標、その品が本物であるという証明
のようなものです。

証紙は、高級な価値ある着物には必ずついており、
織り元の名前や、正絹シール、
染めの基準に合格したものには染め証紙、伝統工芸品マークなどがついています。

証紙
着物,買取,証紙
伝統工芸品マーク
着物,証紙

有名どころだと、大島紬や京都産友禅染、加賀友禅などには確実に
この証紙がしてあります。

反物で購入して仕立ててもらった場合、
ハギレとして一緒にたとう紙に入れられているはずです。

証紙、証明書が無くても買取はしてもらえる??

もちろん、証紙や証明書がなくとも、買取は行ってくれます。
ですが、やはり査定額が下がってしまうことは避けられないでしょう。

しっかりとした査定眼をもつ業者であれば、
本物かどうかの見分けはつけることができます。

ただ、その着物を次に購入する人からすると、
やはり証紙がついていたほうが安心して購入できますよね。

そのため、査定額が下がってしまうのです。

さらに、証紙がない場合にリサイクルショップなどの着物の専門店でないショップなどに持ち込んでも、
買取してもらえなかったり、極端に安い買取金額を提示されてしまうこともあるようです。

やはりしっかりとした査定眼をもった買取業者に査定をお願いすることをおすすめします。

公開日:
最終更新日:2017/11/10


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です